MENU
PR
本サイトは投資に関する一般的な情報を提供するものであり、特定の投資判断や推奨を行うものではありません。
投資はさまざまなリスクを正しく認識したうえで、自分自身の判断と責任に基づいて行なわなければなりません。

126の法則で実現する、賢いお金の増やし方

目次

126の法則とは何か?

126の法則とは、積立投資を行う際に、元本が2倍になる期間を計算するためのルールです。この法則は、慶応大学の枇々木規雄教授によって提案されました。具体的には、「年数×利率(%)=126」という計算式を用います。この法則を使えば、どのくらいの期間で、どの程度の利率で投資する必要があるかが簡単に分かります。

なぜ126の法則なのか?

一般的に知られている「72の法則」は、お金が2倍になる期間を計算する際に使用されますが、これは一括で投資を行った場合の計算に適しています。しかし、定期的に積立投資を行う場合、72の法則は適用できません。この点を補うために枇々木教授は126の法則を提案しました。

126の法則の計算方法

計算式は非常にシンプルです。例えば、年利3%で投資する場合、「126 ÷ 3 = 42」となり、42年間で元本が約2倍になります。この計算を利用することで、未来の資産形成の計画を立てやすくなります。

PR

なぜ積立投資が重要なのか?

現代は人生100年時代と言われています。長い人生を考えると、単に貯蓄するだけではなく、積立投資を行うことが重要です。なぜなら、複利の効果により、長期間にわたって小さな利益が大きな資産に成長するからです。つみたてNISAのような積立投資制度もこの理念に基づいています。

複利の魔法

複利とは、投資した利益がさらに利益を生む仕組みのことです。この効果は長期間にわたる投資で特に顕著になります。つまり、早期から投資を始め、長期にわたって継続することが、資産を増やす鍵となります。

あわせて読みたい
投資における8週間ルールの理解と実践 【1. 8週間ルールとは】 8週間ルールは、株式投資におけるポートフォリオ管理の一つの戦略です。このルールは、株価が既存の価格帯から20%上昇した際、最低でも8週間は...

実践例:126の法則を使った投資計画

仮に、年率3%で積立投資を行う場合、42年間で元本が2倍になります。この場合、42年後に2,000万円が必要とすると、積立元本は1,000万円で、月々約2万円の積立が必要になります。これは長期にわたる積立によって、少ない金額から大きな資産を築くことが可能であることを示しています。

その他のルールとして

枇々木教授は、126の法則以外にも、お金が3倍になる190ルールや、1.5倍になる76ルールも提案しています。これらのルールを利用することで、さまざまな目標に合わせた投資計画を立てることができます。

あわせて読みたい
複利効果とその影響:1円が30日で5億円になる理由 複利効果は投資の世界で「人類最大の発明」とも言われるほどの強力なツールです。では、1円が毎日2倍になるとどうなるのでしょうか?この疑問を通して、複利の本質とそ...
あわせて読みたい
ウォーレン・バフェット氏の成功秘訣:忍耐と時間の力 【1. ウォーレン・バフェット氏の投資哲学】 ウォーレン・バフェット氏は、投資の世界で「オマハの賢人」として知られ、彼の成功は知性、忍耐力、そして時間の結晶です...

まとめ

PR

126の法則は、特に長期にわたる積立投資を行う際に有効なツールです。この法則を理解し、自分の投資目標に合わせて計画を立てることで、賢く資産を増やすことができるでしょう。投資はリスクも伴いますが、適切な知識と計画に基づけば、将来の豊かな生活につながる重要な一歩となります。

PR

PR

\ FXの電子書籍が1冊まるごと無料! /

\ 最大300,000円キャッシュバック /

126の法則で実現する、賢いお金の増やし方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次